Osaka University Rowing Club

ボートって何?

私たちが乗っている艇

全日本新人フォア
 私たちが乗っているのは、オールを使って人の力で動かす艇です。競技の名前はローイング(Rowing, 漕艇)です。みんなで呼吸を合わせて、 水の上を進みます。スピードは走るより早く、自転車でないと追いつけない程です。
 実は、選手の靴はボートに固定されていて、かわりに座っているシートが前後に動きます。シートを後ろに動かす時の、脚の伸展の力をボートの推進力に変換して進めます。

ボート競技について

名古屋大学をリードする阪大フォア
 ルールはいたって簡単で、2000m の直線コースを一番早く漕ぎ切ったクルーが勝ち。8人で漕ぐエイトなら、約6分で漕ぎ切ってしまいます。 相手にどこで仕掛けるか駆け引きをしながら、持てる力のすべてを出し切り勝負します。

ボートの魅力

名古屋大学に勝っている阪大若手OBエイト
 一番の魅力は、クルーの息が合って、自分一人では出せない艇速が出せることです。 ボートに乗っている人の息・思考・動きがすべて合わさると、究極の一体感が得られます。 このフィーリング、一体感は一度感じるともう一度感じたいと思わずにはいられません。

レースの見所

スタート直後の様子
 スタート地点は、最も迫力があります。すべてのクルーが、一気に力を最大限に発揮し、ボートをトップスピードに持っていきます。 動きの速さ・力強さ・意地の強さがレースを熱くします。

 約300m から 1700m くらいまで、体力を温存しながら、トップ争いをし続けます。ここは、艇の司令塔「コックス」の腕の見せ所です。 いつ勝負を仕掛けるか、激しい頭脳戦が繰り広げられます。

ローアウトしたフォアのクルー
 1700m を過ぎると、ラストスパートに入っていきます。すべてを出し切って、まっすぐゴールを目指します。 0.1秒をかけて、死力を尽くします。ゴール後にはローアウトして、倒れこむ選手もいます。相手の背中を見てゴールする快感はボートでしか得られません!

ボートに乗りたい!!

 言葉よりも、まずは経験!大阪大学ボート部では、週末に試乗会を行っています。ぜひ、私たちと一緒にボートに乗りましょう!

 
 
   

大阪大学漕艇部 〒570-0008 大阪府守口市八雲北町3丁目41番地18 アクセスマップ
FAX/TEL 06-6992-2115  e-mail:main@ourc.info

Copyright © 2012 Osaka University Rowing Club all rights reserved.