Osaka University Rowing Club サイトマップ

漕艇部通信

漕艇部通信 Vol.12【インカレ壮行会】号8月9日

後援会の皆様、こんにちは。
漕艇部マネージャー3回生赤阪、2回生奥中、そして壮行会会計のH23繁昌です


今回の漕艇部通信は現役・OBを交えつつ
8月7日に行われましたインカレ壮行会の様子をお伝えしたいと思います。

はじめに、壮行会に来ていただいたOBの皆様、会を行うにあたってご支援頂いた
OBの皆様に
厚く御礼申し上げます。

壮行会で現役はインカレに向けての決意をOBさんに伝えることができたと思います。


では、現役の意気込みを紹介したいと思います。


マネージャー代表の山後
マネージャーに対してもっとマネージャーとして自信をもってみんなでインカレ
に挑もうと呼びかけ、OBさんに対してはみんなで一丸となって戦うの で期待し
てほしいと伝えました。

M1Xの田中
怪我で長い間練習する事が出来なかったが、復帰からの2ヶ月の練習の成果を発
揮したいという意気込みを伝えました。

M2Xの堀内・山崎
関西選手権ではみんながメダルをとる中、自分だけメダルをとれなかった悔しさ
を胸に、インカレでは最終日にみなさんに漕いでいる姿を見せられるよ うに頑
張るという意気込みを伝えました。

M2+の菱川・月足・松山
強豪揃いではあるが、出漕クルーが少ないから一勝すれば最終日に行くことが出
きるので確実に一勝したいと意気込みを伝えました。

W1Xの松原
「インカレベスト16に絶対に入る」という去年の冬からの目標を絶対に実現さ
せると言いきりました。

W2Xの木村・尾澤
関西選手権では金メダルをとり、男子よりもいい成績を残したのに、監督やOBさ
んは先に男子の話をして悔しかったので、インカレでは男子よりもっ といい成
績を残して、まず女子の話をしてもらえるように頑張りたいと意気込みました。

M8+対抗の中川・磯・小松・丸尾・三谷・森野・山谷・山田・横山
前日、前々日の瀬田合宿によって明らかになった自分たちの課題を克服してさら
に艇速をあげて最終日に出漕すると意気込みを伝え、中川主将の最後の インカ
レに花を添えたいと意気込みました。



壮行会は大盛況でした。普段はなかなかOBさんとお話出来ないのでいい機会でした。
部員もしっかり意気込みを語ってくれまして、OBさんからもお話を頂戴し充実し
た時間でした。
マネージャー陣は直接艇速につながらずとも選手のベストの状態でインカレに挑
めるよう頑張ります!!
M1X:田中は本当に久しぶりの勇姿を見せてくれます。復帰試合に期待です!!
M2X:4回生・1回生という異色の組み合わせですが「亀の甲より漕歴の功」。
見せつけてくれることでしょう!!
M2+:阪大では珍しいですね。私達が初めて応援する種目です。活躍に期待!!
W1X:松原は関選初出場でメダル!インカレ初出場では一体何を成し遂げるので
しょうか・・・!?
W2X:尾澤の宣戦布告が鮮烈な印象を与えました。この2人は女子部をインカレ
でも引っ張っていくことでしょう!
M8+:2回生の多い若いクルーですが伸びしろはまだまだあります!!2000TTも
本日行い調子を上げながらインカレへインしたいところです。

そして・・・

H23繁昌です。少しだけ書かせていただきます。
今年はH23のひとつ下、後輩の中で一番長く一緒にいた代がラストシーズンであ
るということ
そして同期である木村(W2X)も頑張ってくれているため壮行会にも一層力が入
りました。
1人のOBとして、応援してやりたいとも思いましたし、現役には存分に頑張って
ほしいものです。
皆さん、是非インカレの応援にお越しください。
阪大ボート部の熱い闘いを見守りましょう!!


皆さんこれからも応援よろしくお願いいたします!!

マネージャー
3回生 赤阪
2回生 奥中



 

大阪大学漕艇部 〒570-0008 大阪府守口市八雲北町3丁目41番地18 アクセスマップ
FAX/TEL 06-6992-2115  e-mail:osaka-u@rowing.club.ne.jp

Copyright © 2012 Osaka University Rowing Club all rights reserved.