Osaka University Rowing Club サイトマップ

男子フォア優勝記念ページ

フォア

男子フォア「DAHLIA」が、先日行われた瀬田川ロングレースで総合優勝を果たしました。右の写真が力漕するフォアの様子です。

クルー紹介

シート名前学年
C高奥 信豪3
S八杉 卓2
3上原 康徳4
2河野 悠玄4
B原田 将伊4

レース展開

予選 雨による寒さで集中するどころではなかったので、スタート直前でクルー全員で叫んで気合注入。スタート直 後は上げ際に多少苦しみ、クルーに若干のあせりが出てくる。
しかし一度レート28で落ち着きだすと、あとは比較的スムーズに漕げるようになる。一つのアクシデントが生じたのは後半2000メートルを過ぎたあたり。周囲の応援に反応し、熱くなった整調が腹を切る。一時バランスを崩すが、クルー間で声をかけあってすぐにもとの状態に戻す。最後の橋をこえた後の直線では出せる限りのスパートをかけ、ゴール。降艇後に聞いた話では北大がやたら速かったとのことで、京大、北大に次ぐ3位かという予想であった。
しかし昼過ぎに発表された結果では、2位に1秒差の1位であることが判明。因みに整調は先輩におごってもらえることが確定したので、この時点で必要以上にテンションが上がっていたのはここだけの話である。
決勝 一応1位で予選通過したものの、1秒差であったこともあり、改めて集中する。天候も午後から回復し、コンディションは予選より好転。決勝は2位の京大との一騎討ち。スタートからしばらくは横並びの緊迫したレース展開が続く。
均衡が破れたのはやはり後半1000メートル。マネージャー、コーチの声援の効果か、艇速が伸びていき、ジリジリと艇差をつけていく。カーブをこえたラストの直線で最後のスパートをかけ、最終的に約2艇身差でゴール。直後に思わず喜びの雄叫びが出たクルーであった。

感想

整調の八杉です。今回のクルーはクルー変更が3回あり、その影響で当初2番だった僕が整調を任されることになったのですが、最初は後ろ回りが遅かったり、シートが走ったりと問題だらけでした。しかも試合一週間前に恋の病(笑)にかかったことで乗艇練習が減ったこともあり、本当に優勝できるのかという不安はどのクルーにもあったと思います。ご迷惑をおかけしました。
瀬田ロングは出場クルーも比較的少ないレースでしたが、大会の規模に関わらず優勝はやはり嬉しいです。この結果に満足せず、インカレでも大活躍できるように頑張っていきたいです。

 

大阪大学漕艇部 〒570-0008 大阪府守口市八雲北町3丁目41番地18 アクセスマップ
FAX/TEL 06-6992-2115  e-mail:osaka-u@rowing.club.ne.jp

Copyright © 2010 Osaka University Rowing Club all rights reserved.